HOME|御問合せ|林陽寺の由来|電話番号:(058)243-1380
本尊 薬師如来  前立 聖観世音善薩
しだれ桜コンサートの様子

11回しだれ桜コンサ−トを326日に開催。シャンソン歌手遠藤伸子さんの素晴らしい歌声に魅了されました。こころに響く「風に立つライオン」や「生きる」など・・。また、東日本大震災から6年、7回忌を迎える亡き人々への思いに手を合わせていただきました。小雨ふる一日でしたが、本堂一杯にお集まりいただき有り難うございました。


動画をどうぞ 写真をクリックください
第10回コンサ−トは、2016年3月27日に開催。各務原市を練習拠点とする女性音楽グル−プ「セルフィ−ユ」の皆様による歌と演奏。童謡や「さくら」「ロシア民謡」等を披露。最後に「ふるさと」を皆さんで歌い、和やかなひと時でした。ありがとうございました。

動画をどうぞ 写真をクリックください
第9回コンサ−トは、2015年3月29日に開催。春日井市在住の津軽三味線奏者馬場淳史様他2名の方においでいただき三味線の音色をきいていただきました。静かに聞いていますと音色がお腹の丹田に響くように感じ、何ともいえない音の魅力に引き込まれました。雨にも拘わらず多くの方々にご来寺頂きました。津軽じょんから節、合唱曲六段等演奏、最後に「ふるさと」を皆で歌いました。ありがとうございました。

動画をどうぞ 写真をクリックください
第8回コンサ−トは、2014年3月30日に開催。東海圏を中心に全国で活躍中の異色ヴァイオリニスト濱島秀行さんと若手ピアニスト河村飛鳥さんのコラボによる演奏を楽しみました。「さくらさくら、春の海、、花は咲く」の他。「チャ-ルダッシュ」という曲では、濱島さん和服を着たまま回転しながら演奏し来場者から大きな拍手。最後に「ふるさと」を皆でうたいました。雨でしたが帰りにはあがってやんでいました。いました。
第7回コンサ−トは、2013年3月31日に開催。下呂市金山町にて活動されているている「モア ミュ-ジック」の方々に出演いただき、フル-トとコントラバスの演奏を楽しみました。「北の国から、家族になろうよ、千の風になって」などの演奏に引き続き、「ふるさと」等を皆で歌いました。寒い年でしたが、一気に咲き、満開の後の桜吹雪でした。
第6回コンサ−トは、2012年3月25日に開催。国の内外で演奏活動をされている岐阜県美濃市出身のピアニスト粥川 愛さんに出演いただき、ピアノ演奏を楽しみました。ショパン、ドビッシの作品のクラシックコンサ−トに引き続き、「故郷」等を皆で歌いました。寒い年で、桜は固い蕾のままでした。
第5回コンサ−トは、2011年3月27日に開催し、玉木鴬洞二胡トリオの皆さんに出演いただき、二胡の音色や二胡とピアノ、二胡とパ−カッションのコラボを楽しみました。大震災の追悼に相応しい二胡の音色でした。
第4回コンサ−トは2010年3月28日に開催し、アンサンブルROCOの皆さんに出演いただき、マンドリンとギタ−の演奏でした。本堂一杯にすてきな音色が響き渡りました。
第3回コンサートは、2009年3月30日に開催されました。17日に開花したしだれ桜が当日まで残るかと心配していたのですが、先週一週間の寒さできれいに咲いた桜のもとで開催することができました。
ドイツ人のカイ・ヴィッテルさんにサキソフォンの演奏を披露していただきました。実は、ヴィッテルさんは、尺八の師範の資格も持っておられ、第一部ではいきなりの尺八演奏で始まり、聴衆一同脅かされました。
第2回コンサ−トは、2008年3月29日に開催、マリンバ奏者の坪内美貴さんのマリンバ演奏とと津田昭子さんと沢井千穂子さんのすばらしい歌声を楽しみ、皆で大きな声で「ふるさと」などうたいました。
第1回コンサートは、2007年3月25日に開催されました。林陽寺のしだれ桜もだんだんと有名になりNHKでも取り上げられるようになりました。桜の満開の時期に「なにか心に残るようなイベントができないか」「寺の奉仕活動とはなにかを自問自答して寺族の発案ではじめました。
 第1回は、ソプラノ歌手の深尾明美さんとピアノ奏者の佐藤季美さんによる春らしい曲と皆さんが知っている曲を中心に楽しみました。