HOME|御問合せ|林陽寺の由来|電話番号:(058)243-1380
本尊 薬師如来  前立 聖観世音善薩
上高地・涸沢(2300m)   2016.09.29~30

 久しぶりの上高地。雨の中を涸沢へ。翌日は朝から快晴。モルゲンロ-トに輝く穂高連峰を満喫。テント泊の多かった山登りあったが、最近は山小屋に泊まることが多い。日本一の山岳リゾ-ト上高地は、更に涸沢は人人人。山子屋は一枚の蒲団に3人、注意書きの看板は、国際色豊かに4ケ国語。山好きのシルバ-の別天地。それにしても、美しい紅葉とモルゲンロ-トはいつまで見ていても飽きない。












燕岳(2763m)   2016.07.29~30

久しぶりの「燕岳(2763m)」、友人のツア-の一員として登ってきました。確か、20数年前、WV顧問として表銀座縦走して以来。山頂付近は、ガスがかかり、雄大な眺めは見られませんでしたが、それでも特有の白砂の中に、コマクサが群生し美しい花を咲かせていました。イルカ岩も素晴らしかった。7月29日中房9時20分~頂上山小家16時~頂上16時35分 30日頂上7時20分~中房11時20分。

乗鞍岳(3026m)   2016.07.18~19 と 高山植物

梅雨明けが遅れるとの報道もありましたが、思い切って、乗鞍に行ってきました。夜11時自宅発、2時40分頃朴木平着。3時45分濃飛バスにて約1時間で山頂へ。なんと梅雨明け宣言があり、19日早朝ご来光を拝むことも出来ました。昨年の乗鞍は、風速28mの中での登山でした。今年も、かなりの風が吹いていましたが、快適に登ることができ、快晴の中、高山植物の写真も楽しく撮ることができました。カメラマン氏曰く、今そこで「熊」を撮ったよと見せていただきました。乗鞍の山頂のハイマツの中にヒグマが生息しているのです。







コマクサ

クロユリ

イワツメクサ

ヨツバシオガマ

オンタデ

イワキボウフウ

チングルマ

オノツガザクラと
コイワカガミ

タンポポ

ミヤマキンポウゲ
荒島岳(福井県大野市 1523m) 2016.03.31

朝5時に自宅発、登山口6時30分、頂上10時50分、下山2時30分。歩数25400歩、雪解けのぬかるみ、雪道、解け始めた雪等、登山道は、なかなか大変。もちろんストック、アイゼンを使っての山行。久しぶりの残雪の山でした。トレ-ニングが大切ですね。











能郷白山(1617m)   2015.11.6

快晴、秋とはいえ気温も20度以上に恵まれ奥美濃の最高峰能郷白山(1617m)に登って来ました。濃尾平野から望むと一番奥に、遅くまで雪を抱いた特徴的な山である。日本二百名山。岐阜県側山域は、ブナの天然林。「能郷白山自然環境保全地域」に指定されている。紅葉は、見事である。山頂には一等三角点があり、熊笹が生い茂っている。頂上に、能郷の白山神社奥社の祠堂がある。
 以前3度ほど登ったことがある。能郷谷から2度、温見峠1度、全く覚えていない。今回は暗いうちに林道を歩き始めて、頂上へは12時近く、1時に下り初めて暗くなった530分に林道のゲ-ト着。行動時間約12時間。携帯の歩数計約3万歩。標準で8時間となっているが、前山までの急な登りや下りは、足に堪える。歳の生もあるかと思いますが、それにしてもきつい山でした。秋の一日、お天気に恵まれ、素晴らしい紅葉と遠望は、学生時代を思い出しました。皆さん、ご苦労様でした。

伊吹山(1377m)   2015.10.19

快晴に恵まれ、伊吹山(1,377 m)に登ってきました。6時上野口・山頂930分、1030分山頂・上野口1230分でした。何度も登っていますが、久しぶりの伊吹でした。登山口から山頂まで登り一辺倒、結構岩のゴロゴロした場所もありました。寺の境内からいつでも見ている伊吹、これからは夕日がきれいな季節を迎えます。滋賀県最高峰、山域は琵琶湖国定公園。百名山、今日も山頂で福岡の方に会いました。あと僅かとのことでした。赤いマユミの花、トリカブト、ススキの穂が綺麗でした。

乗鞍岳(3026m)   2015.09.29

クラブのOB会や近在の友人の刺激を受けて、久し振りの3000mに挑戦。天気よし、条件よしと予定表とにらっめこして・・。懐かしの朴の木平スキ場のバス停から4時のご来光バスに乗車。5時前にご来光臨時バス停下車。月の光に照らされて穏やかな山上と思っていましたが、数十mの強風。吹き飛ばされそうになって富士見岳へ。残念ながら・・・。また、吹き飛ばされそうになって頂上へ。730分頃剣ヶ峰(3026m)へ。簡易風速計を持っていた方が、28mだと教えてもらった。誰もが吹き飛ばされそうになって、喘ぎ喘ぎ登ってくる。台風の余波でしょうか。仕切り直しの乗鞍でした。皆さん山を甘く見ないでください。風に悩まされた山行は、富士山、北岳と3度目の想い出となった。

群馬の山 岩櫃山(840m)   2015.05.26~27
26日~27日にかけて母校WV部の同期会を群馬県高崎の奧の岩櫃(いわびつ)でおこないました。杉並区民の山の家。駅に降りてびっくり、六文銭の旗印信州真田氏の先祖の領地のようでした。そのお城があったという岩櫃山に登りました。自然の要害の中世の山城遺跡ですね。大きな岩が道をさえぎり800M程度の低い山ですが鎖、はしごの連続で、頂上はとんがった岩の山の先っぽといった感じでした。
岐阜の山 舟伏山(1040m 2014.04.27

夏日と言われるほど気温があがった、快晴の27日、久し振りに山県市、旧美山町の舟伏山(1040m)に登った。朝5時30分に家を出て6時50分に登り始め10時40分下山。目的は、希少価値と言われる「岩ざくら」の開花状況を見るためであった。かって、ワンゲルの部員と毎年登り、岩ザクラの株を数えて、状況を観察。5年ぶりの再訪であったが、見事に開花していて、株数も当時から比べると、倍以上に増殖しているように思いました。皆さんの御蔭ですね。これからも見守りましょう!。


石灰岩の裂け目に咲く岩サクラ

ハルリンドウ

カタクリ

ヒトリシズカ

バイケイソウとヤブレガサ

 頂上にて(三等三角点)

頂上窪地の残雪